ご利用案内

マングローブの自然と手軽にふれあえる公園です。カヌーツアー体験(有料)や、遊歩道散策(無料)が楽しめます。

公園について

休園日:年中無休
入園料:無料

駐車場:普通車31台、大型バス3台

※公園管理事務所は営業時間8:30~17:30で、年末年始(12月31日~1月3日)は休みです。

管理事務所

観察デッキ

休憩所

喫煙所

駐車場

川の展望台

遊歩道

広場

自販機

足洗い場

バリアフリートイレ

交通案内

住所〒905-1205
沖縄県国頭郡東村慶佐次54-1 東村ふれあいヒルギ公園内
お車でお越しの場合

許田から車で約50分 バスターミナルからバスで約40分 那覇から約180分

国道58号線、名護市源河(げんか)を右折、県道14号線へ。
約8kmで東村の南玄関、有銘(あるめ)に。

国道58号線を辺土名(へんとな)向けに北上、大宜味村宮城橋手前を右折、県道9号線から331号に入り東村の中心部、平良(たいら)から慶佐次(げさし)へ。

那覇市からは91km、約120分
名護市から26km、約30分
東海岸沿いは、国道329号及び国道331号を北上。東村へ。

バスでお越しの場合

バスでお越しの方は名護バスターミナル発~東村、慶佐次(げさし)バス停着
系統78番 名護東部線(二見廻り、平良終点)1日3便運行 所用時間 約100分

バスなび沖縄 スマートフォン用アプリはこちら http://www.busnavi-okinawa.com/map/

環境保全協力金

緑濃い亜熱帯の森が広がる沖縄本島北部は、その名も「やんばる(山原)」と呼ばれています。ヘゴやシダ、ブロッコリーのようなイタジイがこんもりと生い茂った森から湧き出したひとしずくは清流となって、丘陵地を潤しながら海へと注ぎます。

豊かな森は、地球上でこの森にだけ生息し、絶滅の恐れがあるヤンバルクイナやノグチゲラ、ヤンバルテナガコガネなどの天然記念物や固有種など、貴重な動植物のゆりかごのようです。多様な生物が綿々と息づいてきたやんばるは、2013年12月に世界自然遺産の候補地として選定されました。

自然と寄り添いながら暮らすやんばるの人々は海岸線を縁取るように、小さな集落を形成してきました。かつては、森から切り出された木材は集落から集落へと引き継がれ、首里城まで運ばれたといいます。農業や漁業など自然からの恵みとともに生き、今なお山や海に五穀豊穣を祈願する伝統儀礼を執り行い、人々の祈りは未来へと受け継がれていきます。

目的

村民共有の貴重な財産である緑豊かな森林や清らかで豊富な水質源等の自然環境を適切に保全し、これら良好な状態で次の世代に引き継いでいくことを目的としています。

対象者

慶佐次川マングローブカヌーツアー及びマングローブ観察ツアーを利用している者、野外学習でヒルギ公園に訪れる学校、ヒルギ公園を活用している旅行会社

金額

基本一人あたり50円

受付場所

東村観光推進協議会 慶佐次事務所(東村ふれあいヒルギ公園内)寄付箱

使い道

東村の環境保全に対する施策の財源に充てられます。

具体的取組み例

※フィールドの維持管理のため毎月1回の定期清掃を行っています。 ※赤土流出防止対策としてグリーンベルト植栽活動を行っています。

利用ルール

慶佐次川のマングローブは、「慶佐次湾のヒルギ林」として、国の天然記念物に指定されており、文化財保護法に基づき、許可なく現状変更したり保存に影響を及ぼす行為をすることが禁止されています。

環境への配慮
  • 1.ヒルギ林内へは立ち入らないで下さい。
  • 2.干潟には下りないで下さい。
  • 3.動植物は損傷を与えたり、採取(集)しないで下さい。
  • 4.外来移入種(外来魚含む)を持ち込んだり、川に放流しないで下さい。
  • 5.生き物へは餌付けをしないで下さい。
  • 6.釣り等の行為を禁じます。
安全管理
  • 1.危険物の持ち込みを禁じます。
  • 2.キャンプや焚き火、バーベキュー、花火等の火気使用を禁じます。
  • 3.安全のため、川に係留しているカヌーや陸上 に置かれているカヌーでは遊ばないで下さい。
  • 4.他の利用者に危険を及ぼす可能性があるので、木道上でのローラースケート、ローラーブレード、スケートボード、自転車等の使用を禁じます。
その他の利用マナー
  • 1.ゴミは持ち帰って下さい。
  • 2.団体利用者は、公園管理者まで事前に連絡して下さい。
  • 3.ペットはリードにつなぎ、糞の始末は飼い主が行いましょう。また、ペット同伴で木道には入らないで下さい。
  • 4.生き物や他の公園利用者に配慮し、拡声器等、騒音機器は使用しないで下さい。
  • 5.公園内での喫煙は決められた場所でお願いします。
  • 6.公園内での飲酒を禁じます。
  • 7.公園内、または周辺への落書き行為を禁じます。
  • 8.集落の奥深く、また聖地等、地域が大切にしている場所にはむやみに立ち入らないで下さい。
  • 9.水着のみや上半身裸で歩き回らないで下さい。
  • 10.車は大型車・小型車を区別し、それぞれ所定の駐車スペースへ駐車して下さい。
  • 11.大型車専用の駐車スペースが満車の時は、公園管理者の指示・誘導に従って下さい。
  • 12.駐車場では、アイドリングストップをして下さい。また、車の空ぶかしや大音量での音楽等の騒音を立てないで下さい。
  • 13.駐車場内での事故・盗難などについて、一切の責任を負いません。

団体利用のお客様へのお願い

近年の公園使用方法や駐車場ご利用にあたって、路上駐車などの交通違反により近隣地域の皆様にご迷惑をおかけしております。そのため、ご利用にあたって何点かご理解とご協力をしていただきたく、ご案内を申し上げます。以下の注意点を厳守していただけない場合、公園のご利用をお断りさせていただく場合もございますので、何卒、ご理解とご協力の程お願い申し上げます。

  • 1.ヒルギ公園内大型バス駐車場スペースは、3台分ありますが、例年10月~12月までの期間、大型バス駐車場は終日満車となっております。満車により公園内に駐車できない場合は、公園内にてお客様を降車させた後、バスを臨時駐車場に移動していただきます。

    ※ヒルギ公園周辺または近隣地域周辺の路上駐車は固く禁止致します。
    ※事前にバス会社運転手へのご案内をお願い致します。

    臨時駐車場
    1.サンライズひがし駐車場(平良 550-23)
    2.東村村民の森駐車場(平良 766-1)

  • 2.ヒルギ公園内の出入り口周辺は、見通しが悪く、対向車が大変見づらくなっております。交通事故防止のため大型バスの出入りの際は、できる限り団体管理者様管理の上、バスの誘導を行ってください。

  • 3.ハンドマイク等の拡声器のご利用は固く禁止致します。

  • 4.ゴミは必ずお持ち帰りください。

    ※団体でお弁当を食べる場合等は、必ずゴミ袋を持参していただき、団体管理者様管理の上お持ち帰り下さい。公園事務所、トイレ、売店のゴミ箱の使用はお断りいたします。

  • 5.遊歩道内での飲食は禁止致します。

  • 6.公園内の植物・生き物の採取・捕獲は禁止しております。

  • 7.公園内のカヌー発着場および干潟への立ち入りを禁止致します。

  • 8.公園に隣接するゲートボール場及びベンチは地域老人会の施設になりますのでご利用は禁止致します。

  • 9.団体でヒルギ公園をご利用される場合は、1 か月前に公園利用の申請を行って下さい。各団体様のご利用が同日程、同時間に重なった場合、ご利用の時間帯や日程を調整させていただく可能性があります。または、お断りする場合があります。団体のご利用が重なりますと、駐車スペースの確保ができなくなり、公園内が大変混雑し、事故が起こる可能性があるため、ご理解の上ご協力お願いします。

  • 10.東村ふれあいヒルギ公園は、環境教育の場としても利用されています。上記を守れない場合、ご利用をお断りする場合があります。

お問合せ

メールでお問合せinfo@hirugipark.com
電話番号0980-51-2433
FAX0980-51-2656
営業時間

開園時間24時間

管理事務所の営業時間8:30~17:30 年末年始12月30日~1月3日まで休み

ヤンバルエクスペリエンス
東村観光推進協議会